雑記

平和島にある室内アスレチック『トンデミ』に行ってきた!

こんにち、はなです。
今日は先月行ってきたアスレチック施設について書くよー。

『SPACE ATHLETIC TONDEMI (スペースアスレチック トンデミ)』公式サイト

行ってきたのは平和島にある室内アスレチック施設『トンデミ』
2018/7/3にオープンしたばっかりの出来立てほやほやなんだよ。

YouTubeで遊んでるひとたちの動画があったんだけど、すごい楽しそうだった。
だから私も友人たちに声を掛けて行ってきちゃったの!

実際に遊んでるYouTuberの動画はこちらからどうぞ!

 

スポンサーリンク

実際にいってみてわかったこと。

実際に行って遊んでみると動画だけではわかんなかったことがたくさんあったよ。

動画のひとたちはウォールクライミングとかするする登っていたけど、実際にやると勝手が全然違った。

高さが思ったよりもあって登るのも降りるのも一苦労だった…。

よほど運動し慣れてないとあんなふうには登れないよー。

だからもし、動画を見て自分と全然違うってなっても気にしたらだめだよ。

私も全然余裕でしょとか思って行ったら全然だめだめだったしね(笑)

遊んだ感想を書いておくからこれから行こうかなってひとや気にはなるけど…ってひとは是非参考にしてみてね。

クライミングウォールエリア。

人生初のハーネス(窓掃除してるひとが付けている安全ベルトみたいなやつ)を装着した。これだけでもちょっとわくわくするよね。

登れる壁の種類がたくさんあって、どれも楽しかった。

最初は高さにびっくりした。動画で見るよりずっと高く感じた。1.5階分くらいの高さがあった。

意気込んで挑戦したはいいんだけど、怖くて降りられなくちゃったんだよね…。

ぴょいんって上から飛ばなくちゃいけないのが怖くてずっと壁に張り付いたままだった。

それでもなんとか最初の一飛びをしたけどね。そのあとは慣れたのか割と平気になったんだけどね。

壁に形や大きさが様々な石がくっついているよくテレビとかで見るやつはもちろんだけど、紐を使って壁を登っていくものや、チーズの表面みたいに大小さまざまな丸い穴が空いてるやつがあって見た目でも面白かった。

あと小学校低学年くらいの子もするする登ってた。慣れってすごいんだなぁ。

スポンサーリンク

 

ステアウェイ・トゥーヘブン。

クライミングウォールエリアのなかに、緑色の階段状になってる柱を登るやつがあってそれにも挑戦してみたんだけど…めっちゃ怖かった。

動画で観るよりずっと高い。二階分より少し高いくらいの高さがあった。

それを手すりなしで登っていくんだけど、冗談抜きで怖かった。

高いところが苦手なひとは絶対に無理をしちゃだめ!

動画でも途中足止まっちゃってるひといて、それをみて私も笑ってたんだけど…実際登ってみると止まる。笑ったことを心底反省した。最後の一段が鬼門だった。

登りきったひと曰く『勢いで登り切るのが大事』

…行ったメンバーで私だけが登りきれなかったから次はリベンジしたい。

 

ロープウォークエリア

いわゆる空中アスレチック。クライミングウォールエリアとは違って伸び縮みしないタイプのハーネスを着けるから安心して遊べるよ。

綱渡りやはしご渡りが楽しめた。最後はターザン(正式名称はジップラインっていうんだって初めて知った)して締め。

腕力や脚力に自信がないひとでも安心して遊べるエリアだよ。

 

トランポリンエリアとエアーランエリア。

クライミングウォールや空中アスレチックの他にはトランポリンとかタイムアタックが出来るエアーランエリアがあるから高い系が苦手なひとはそっちでメインで遊ぶのが良いかもね。

トランポリンはその名のとおりトランポリンで遊べるところ。結構高く飛べる。

エアーランはタイムアタックが出来る障害物競争みたいな感じだよ。

私も挑戦したんだけど最初にある山?が越えられなくて一緒に挑戦したひととめちゃくちゃ悪戦苦闘した。

でも思いっきり身体を動かす機会なんて大人になると滅多にないから楽しかった。

タイムは散々だったけどそれもいい思い出(笑)

 

次の日は筋肉痛、それでも楽しかった。

みんなでわいわい出来て楽しかった。

私はもともと運動とか苦手なんだけど、どのエリアもすっごく楽しめた。

行って遊ぶまえは少なからず『楽しめなかったらどうしよう』みたいな不安もあったけど、そんな気持ち吹き飛ぶくらい楽しめた。

トランポリンでは誰が一番高く飛べるか競ったり、みんな初めてのクライミングにも挑戦できたし、おかげで次の日筋肉痛だったけど後悔なんて微塵(みじん)もなかったよ。

それどころかまた行きたいなぁって思わせて来る何かがあったよ。

運動って身構えずにちょっと身体を動かしに行くって軽い気持ちで行くといいかも。

 

スポンサーリンク