ボードゲーム紹介

テレストレーション:爆笑!お絵描きと伝言ゲームの合わせ技

こんばんは、はなです。
今日は【ちばチャン】という知るひとぞ知る唐揚げやポテトの量ががすごい凄まじいことで有名なチェーン居酒屋に行ってきました。
噂通り料理の量がえぐかったので、大人数で行くにはいいですが少人数だと地獄を見そうです(笑)
でもお値段リーズナブルなのでいっぱい食べるひと飲むひとたちで行くならいいかもです!

さて前置きはそんなところにして今回はテレストレーションというボードゲームを紹介いたします!

●基本情報
タイトル テレストレーション
作者 テンデイズゲームズ
プレイ人数 4-8人
プレイ時間 30分
対象年齢 12歳以上

●簡単なルール説明、ゲームの流れ、詳細
お題に沿って絵を描き、描き終わったら左隣のプレイヤーへ。渡されたプレイヤーはその絵を見てそれが何であるかを想像、次のページに言葉を描き、さらに次のプレイヤーへ…というのを繰り返し自分のところに戻ってきたらゲーム終了。
答え合わせをして得点を競い合います。

●感想、どんなひと向けか
みんなでわいわいするパーティーゲーム。人数は多いほうが面白い。
はたして自分の描いた絵は正しく伝わっていたのか否かドキドキしながらページをめくる瞬間がたまらないです。

一応得点計算方法もあるのですが、私が遊ぶときは計算したことないですね。
勝敗とか関係なくみんなで描いた絵を見ながら感想を言い合ってわいわいするゲームだとおもいます。

絵を描くということに抵抗を感じるひともいるかもしれないですが、正直絵の得手不得手はあまり関係ないです。
要は次プレイヤーに伝わりさえすればよいのです。

私はまえ「カジキマグロ」というお題が来たとき角の長い独特のフォルムが思い出せず苦肉の策として「火事」「木」「よくわかんない魚」の絵を描いたことがあります。それでも伝わりましたよ!これは次プレイヤーさんの連想力のおかげでもありますが(笑)

スポンサーリンク