リアル脱出ゲーム

【リアル脱出ゲーム感想】潜水艦ポセイドン号からの脱出

こんにち、はなです。
熱い杭は熱いうちに打とう習慣。間違えた週間。

今日はTokyo diver Cityでやってる毎度おなじみスクラップさんの【潜水艦ポセイドン号からの脱出】に行って参りました。

その後スポッチャに行ってローラースケート、バッティングと3on3、ゲーセンなどに興じてきました。

筋肉痛がこわいぜ。翌日にきてくれるかも不明だし。

詳しい情報はあとでパソコンから打つとして、とりあえず脱出ゲームの結果と感想行きます!

結果は脱出失敗。ある意味順調に失敗率を上げています。そろそろ脱出成功させたい…。

とある問題で時間使い過ぎたのが敗因。
そのあとはスルスル解けたしあの問題本当にむつかしかった。

今回は頭も身体も使う公演でした。
謎解きでは役立たずだったけど本日の閃き将軍の名は私のものだと自負できた。
自分の閃きが他のメンバーの役に立てたのはすごいうれしかった。

でも脱出は失敗。くやしい。

謎解き脳を鍛えねば。

あんまり詳しく言えないけど、今回もストーリーがよかった。最初と最後に出てくる乗組員くんすごいすき。

あ、でも席の関係なのか音がすごくうるさくて鼓膜破れるかとおもったし、音が全身に響いてすこしキツかった。

一緒に参加したメンバーも耳塞いだりしてたし、あれだけはどうにかしてほしかった。むつかしいんだろうけどね。

そういえば今回の公演は五年前にやったやつのリバイバル公演なんだけど、全体の成功数が五年前は一桁台だったのにリバイバルだと五割行くか行かないからしく余計にその五割に入らなかったのがくやしかった。

うぐぐ。

結構長くなったのでスポッチャ行った感想は次の記事へ。

スポンサーリンク